ゲーム作りに使えるJavaScriptライブラリについて調べてみた事とか

今日書こうとしていた記事が途中で論理破綻を起こし、急遽ネタを変えた大熊猫です。
おはようざいます。

社内の勉強会でもゲーム制作のライブラリをテーマに発表したのですが、その際に調べて事を今回の記事にしたいと思います。

続きを読む ゲーム作りに使えるJavaScriptライブラリについて調べてみた事とか

外部リンクに自動でtarget=”_blank”を書き込むスクリプト

標題の件をご所望のようなのでスクリプトを書いてみました。

さくっと作ったのが以下のスクリプト

var siteDomain = location.href.split('/')[2];
var $a = $('a', '#main article .article-body');
$a.each(function(){
	var $this = $(this);
	var $href = $this.attr('href');
	var $hrefArr = $href.split('.');
	var n = $hrefArr.length;
	if((siteDomain !== $href.split('/')[2]) || $this.hasClass('download') || ($hrefArr[n-1] === 'pdf')) {
		$this.attr('target', '_blank');
	}
})

う~ん。。動くんでしょうけど、何かイケていませんねえ。
変数が多すぎる気がするのと、以前ブログにjQueryのeachメソッドは重いらしいと書いたので、その部分を減量。
続きを読む 外部リンクに自動でtarget=”_blank”を書き込むスクリプト

ループに関する覚書

ループと言えばスクリプトになくてはならない処理体系ですよね。
JSが苦手と思ってたときは配列やらループやらを全然理解できてなかったことが一因でしたが、
それを自分の中で消化できたら途端に面白くなってきました。
それで、ループ(配列を処理する場合)と一言で言っても色々な書き方があるのだなあとわかったの覚書として残しておきます。
あ、ちなみにforループとjQueryのeachしか使ったことがありません!!(キリッ
続きを読む ループに関する覚書

あるWP案件でOGPを設定した時の覚書

案件名を出せず肝心な部分を伏せているので何がなにやらごちゃついています。

マルチサイト構成のWordPressを使った某案件で設定した時の覚書です。
まずはさらっとOGPの説明から。

OGPとは

Open Graph Protcolの略でページの概要などをプログラムから読める形で記載するために仕様です。
詳しくは以下のページを参照してください。

今回追加したOGPは以下のものです。

<meta property="og:site_name" content="サイトの名前" />
<meta property="og:title" content="ページのタイトル" /> <!-- 必須らしい --/>
<meta property="og:url" content="ページのurl" /> <!-- 必須らしい --/>
<meta property="og:type" content="ページが何のページか記述" /> <!-- 必須らしい --/>
<meta property="og:description" content="ページ内容の説明" />
<meta property="og:image" content="ページが記述しているものの画像" /> <!-- 必須らしい --/>

上記OGPのうちog:title、og:url、og:type、og:imageは必須のようです。
これらを記述することでFacebookなどのSNSでリンクをシェアする場合、表示される情報をコントロールすることが出来ます。
また、XHTMLにOGPを設置する際はhtml要素にネームスペースを設定してやりましょう。

	<html xmlns:og="http://ogp.me/ns#">

こんな具合に…。設定するOGPによってネームスペースもいろいろな種類があるようなのでそれについても前述の参考サイトを参照してください。

続きを読む あるWP案件でOGPを設定した時の覚書