Gitの最初はだいたいこんな感じ(だと思う)

GitとはLinux カーネル開発のために作成されたバージョン管理システムのことで、ソースの変更管理を、簡単にしかも高機能に実現してくれます。
複数人での大規模開発などを行う場合は、Gitを利用することで他人の触ったソースをあまり気にすることなくスピーディに開発することができます。
Gitのいろんな説明を要約するとこんな感じになると思います。

複数人での作業でパワーを発揮するのはもちろんですが、ひとりで作業する際に使用しても十分便利です。

この記事ではGitのインストールから基本的な操作部分くらいまでを書きたいと思います。

Gitのインストール+初期設定

ここではWindows版についてのみ触れます。

WindowsにGitをインストールする方法は2種類あります。CygwinGit on MSysです。
この2つには細かな違いがあるようですが、僕としてはどっちでも全然変わらないと思うのでお好きな方をインストール。

それぞれのインストール手順は以下のサイトを参考にしてみてください。

インストール後、自分の署名をGitに登録します。誰が変更したかなどを管理するためです。
コマンドプロンプト or インストールした後に付随してきたGit BashやCygwinを起動して以下を設定します。

$ git config --global user.name "hogehoge"
$ git config --global user.email "hogehoge@mail.com"

hogehoge と hogehoge@mail.comには自分のユーザ名とメールアドレスを登録してください。

これでインストール~初期設定までは完了です。

Gitの基本操作

どうやってGitで管理を行っていくのか基本的な部分のみを紹介したいと思います。

まずはGitで管理するファイルのあるディレクトリまで移動し、初期化します。

$ cd /hoge/dir/htdocs  ## ディレクトリを移動
$ git init  ## Git初期化

これだけ!
それから、ファイルを追加なんかを行った場合には

$ touch index.html ## index.htmlを作成
$ git add index.html ## index.htmlをステージ
$ git commit -m "index.htmlを追加"  ## ステージにあるものをコミット

addはcommitしたいファイルを一度ステージする。
commitはこのステージされたファイルをリポジトリへ伝え、いわゆる変更点として保存する。コミットする際は「-m」オプションを利用して、
どのような変更を加えたかなどをコメントとして詳しく記載することが推奨されています。

これが基本的な操作の流れとなります。

あと僕が覚えておいた方がいいのではないというコマンドは

$ git checkout  ## コミットする前のファイルを元に戻す
$ git status  ## ファイルの変更などの情報を表示
$ git log  ## コミットした履歴などを表示

このあたりです。
まだまだコマンドはたくさんあり、ブランチなど様々な利用方法もありますが今回はここまでにします。
(というか僕自身まだまだ分かっていません。)
すごいいいまとめhttp://hail2u.net/documents/git-cheat-sheets-jp.htmlがあったので参考にしてみてはどうでしょうか。