JR九州の観光列車に乗る(その2)

まさか次の週でフラグを回収することになるとは。。。
こんなところに運を使ってしまってショックをうけているpearmasterです

さて、九州の観光列車シリーズ第2弾です
今回はおそらくほとんどの人が一度に体験するであろう3つの列車を紹介します

はやとの風

IMGP3820
鹿児島中央~吉松を日豊本線・肥薩線経由で結ぶ特急です
ブラックフェイスがイカしてるでしょ?

まず最初の見どころは、鹿児島駅を出てすぐに錦江湾沿いに走るところ
目の前に桜島がドーンと見えます
IMGP3789
隼人をすぎて肥薩線に入ると、嘉例川駅・大隅横川駅という肥薩線開通当時からある駅舎が名物な駅に停まります
どちらの駅でも5分程度の停車時間が有り、写真撮影や名産品を買うことが出来ます
IMGP3814
IMGP3828

いさぶろう・しんぺい

IMGP6296
吉松~人吉を結ぶ普通列車
吉松行きが「いさぶろう」、人吉行きが「しんぺい」です
この由来は、肥薩線のこの区間が開通した時の逓信大臣山縣伊三郎と鉄道院総裁後藤新平にちなんでいて
矢岳第一トンネルの扁額にそれぞれの言葉が掲げられていることからです

普通列車といってもほとんどが指定席で、自由席は端の一部だけです

運行区間は短いながら見どころ満載な列車で、各駅でイベントがあります

真幸駅

吉松からたどると1駅目、肥薩線唯一の宮崎県の駅です
「まさき」と読みます
IMGP6311
三段スイッチバックの途中にあり、通過不可能な構造
駅の名前がおめでたいということで、入場券も人気です
駅には幸福の鐘があり、土日には地元の方が名産品を売っています
_IGP2184
IMGP3873

矢岳駅

IMGP3895
肥薩線で最も標高の高い駅、駅前にはD51が保存されています
また、真幸駅とこの矢岳駅のあいだには日本三大車窓のひとつである矢岳越えがあります
IMGP3884
列車はこの位置で一旦停止してくれます

大畑駅

_IGP2251
「おこば」と読みます
日本で唯一、ループとスイッチバックが同じ箇所にある地点にある駅です
列車はループを降りる直前に停車し、大畑駅の遠景を眺めることが出来ます
IMGP3916

SL人吉

IMGP3985
人吉~熊本を結ぶSL列車
両端にラウンジがあり、しかもそこには子供用の椅子があります
ずっと球磨川にそって走るため、左右どちらかに必ず川が見えています
沿線の方もこの列車に好意的で、SLが通ったらそちらに向けて手を振る運動をされています
IMGP4021
IMGP4054
このSL、車籍があって営業路線上を運転できる蒸気機関車としては最も古いものだそうです
それ故以前復活した際、無理がたたって廃車寸前まで追い込まれるような重度の故障が発生しました
しかし車両工場に奇跡的に当時の図面が残っていて復活できたという強運の持ち主です

朝鹿児島中央を出るはやとの風にのると夕方に熊本に着くという、
非常にゆったりした旅になりますが、見どころ満載なのでぜひ一度体験してみてはいかがでしょう